toggle
2022-02-09

一九八四年

国民の教育水準は実際

下降の一途を辿っている。

大衆がどんな意見を持とうが持つまいが

関心を払う価値もないと思われている。

彼らには知性がまったくないので

知的自由が与えられるのである。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA